初めての方

まずクレジットカードの現金化についてご説明しましょう。

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードにあるショッピング枠を現金にすることです。
主に「商品買取型」と「キャッシュバック型」の二パターンがあります。

普通のお買いものの場合、カード利用者が業者から物品を購入します。
利用者は物品を購入したことにより、使ったクレジットカードの会社に対し、代金の支払い義務が発生します。
そして、業者にはクレジット会社から代金受領の権利が発生するのです。
これが一般的なクレジットカード使用の法律的な効果と同様になります。

現金化を簡単にご説明すると、自分が現金化業者クからレジットカードで購入した商品を、またその場で業者に一定割合の価格で買い取ってもらい、その買取金を現金でもらうことです。
業者が売った価格と、利用者が買い取った差額が業者の利益となります。

カードの現金化を利用する人は、クレジットカードのキャッシング枠を限度額まで利用してしまい、経済的に行き詰ってしまったクレジットカードホルダーの場合が多いです。

次にクレジットカードのショッピング枠の現金化のメリットとデメリットについてです。

現金化のメリットとしては、キャッシング枠を限界まで使用してしまい、もう借りれない人、家族に内緒で、かつ誰にも見られず、誰にも会わずにお金を借りたい人
お金を借りた際に一括返済が厳しいので、リボ払いや分割、ボーナス払いにして返済したい人
複数の消費者金融から借り入れをしていて、その借り入れをまとめたい人、消費者金融に借り入れをするのには抵抗がある、もしくは消費者金融に融資をお願いしたけれども断られてしまった人
そんな人には大変有効に利用できるものとなっています。


現金化のデメリットは、悪徳業者を利用してしまった場合、現金化されずに騙される
悪徳業者の場合、広告などに表記している還元率と違い、低い還元率で取り引きされる
クレジットカード契約に違反な行為になってしまう可能性があり、現金化したとしても通常のクレジットカードを利用した買い物と同じく、クレジットカードの会社に商品代金の支払いをしなければならない
カード番号や個人情報などが悪用されてしまうことがあったり、利用したことにより犯罪やトラブルに巻き込まれてしまうという可能性があります。

クレジットカードの会社は、換金を目的としたクレジットカードの利用を認めてなく、これはクレジット会社とカード会員の約束ごとである「クレジットカード会員規約」にも記載されていることです。
この行為は、規約違反と見なされ残金の一括請求やカードの利用停止、カードの強制退会などの罰則を受ける可能性もあります。

クレジットカードのショッピング枠を現金化したとしても、利用した代金はクレジットカード会社に支払うことになります。
その場で現金を手に入れられたとしても、それは一時的にしのげるものだけであり、結果的には自分の責務を増やしてしまうことになります。

しかし、どうしても…という方は責務問題に強い弁護士や、司法書士に相談してみましょう。